無添加化粧品の意味

無添加化粧品の意味

無添加化粧品というと、皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?天然成分でできた化粧品、高そうな化粧品、お肌によさそうな化粧品など、意見は様々でしょう。そして、使ってみたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

 

ここ数年で無添加化粧品の人気はぐんと上昇しています。皆さんの化粧品に対する意欲も、とても高いといえますよね。具体的には、無添加化粧品といっても様々なものがあります。

 

実は無添加化粧品という名前の背景には、しっかりとした規約などはないようです。つまり、法律では無添加化粧品とはこのようなものでなければならないという決まりなどがないのです。

 

多くの化粧品メーカーさんから無添加化粧品が販売されていますが、ほとんどが旧表示指定成分を配合していないものを無添加化粧品と呼んでいるようです。そう考えると、一概に無添加化粧品というものが安全であるということでもないのかもしれませんね。

 

どうしても、無添加というと何も化学的なものを含んでいないような意味に感じますが、無添加化粧品といっても化学成分が含まれていないということではないと頭においておいたほうがよいでしょう。

 

そのうえで、いろいろな無添加化粧品を見てみると、よりよいものをみつけることができるのではないかと思います。正しい無添加化粧品の意味を、知っておくとよいですね。


このページの先頭へ戻る